スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.03.12 (Sat)

DISSIDIA duodecim FINAL FANTASY 12回目の戦いクリア

FFキャラが一同に会するPSPゲームの続編、DISSIDIA duodecim FINAL FANTASY(DdFF)の12回目の戦いをクリアしました。

自分はリメイクを含めるとFF11、FF14以外のFFシリーズをプレイ済みなので、FFシリーズのお祭りゲーであるDISSIDIA内に散りばめられたネタをほとんど知っていて、かなり楽しめる作品です。

今作のストーリーの目玉である12回目の戦いは今作からの追加キャラ、カイン、ティファ、ラグナ、ユウナ、ヴァン、ライトニングが中心のストーリー。
内容は、前作の最後(13回目)の戦いに繋がるストーリーとして、消滅することが前提のキャラたちを上手くつなげたな~という印象。ただちょっとボリューム少なかったかな…。まあ大幅なストーリー改変ができないから仕方ないのかな。

以下新キャラ別にストーリーとバトルの感想

【続き・・・】

◆カイン
・ストーリー
仲間を思い、恨まれつつも孤高に戦う悲しいポジション。
終盤ティファやライトニングに理解され救われたかな。

・バトル
ジャンプの距離感がなかなか掴めなくて相手をよく飛び越してました…。

◆ティファ
・ストーリー
原作の記憶をほとんど失っている。原作こんなキャラだったっけ?FF7自体相当昔にやったので忘れかけてるな…。

・バトル
近距離キャラは苦手…。HP攻撃ゴリ押しが多かったな。

◆ラグナ
・ストーリー
やっぱり楽観的な兄ちゃん。
FF8はやり込んだほうなので、フィールドBGMでEyes On Meが流れたのにぐっときた。
12回目の戦いではスコールとの絡みが少なかったけど、レポートのほうに回されたのかな?

・バトル
技のクセが強くてなかなか扱うのが難しい…。
武器的にメタルギアソリッドのスネークを思い起こさせる。

◆ユウナ
・ストーリー
ティーダのことを「キミ」でなく「ティーダ」と呼ぶのが興味深い。
原作再現の口笛にグッと来るが、もうちょっとティーダとゆっくり会話させてあげても良かったんじゃ…。
ティーダ×ジェクトのイベントもあるし、割を食ってしまったか…。

・バトル
技が遠近バランス良く、めちゃくちゃオーソドックスなキャラ。とっても使いやすかったです。

◆ヴァン
・ストーリー
操り人形になっているティナを導くFF6のロックのポジション。
やっぱり主人公にしてはちょっとキャラ薄いよなあ…。

・バトル
ブレイブ攻撃がかなり強力。
装備武器の種類が多いFF12を再現し、技がかなり多い。
技が多すぎてどれを使うのか迷っちゃうなあ。

◆ライトニング
・ストーリー
一応12回目の戦いの主人公ポジションかな。
原作よろしく、最初トゲトゲのちみんなを引っ張るリーダー。
根はやさしいお姉さんだと思う。

・バトル
オプティマチェンジを効果的に使おうとすると結構難しいキャラだと思う。
DISSIDIAはタイマン勝負なので、ヒーラー使ってる暇はあんまりなさそう。

スポンサーサイト

テーマ : DISSIDIA 012 [duodecim] FINAL FANTASY - ジャンル : ゲーム

22:29  |  PSPソフト  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

★承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2011年03月28日(月) 13:19 |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://aprilsafe.blog110.fc2.com/tb.php/243-bad15215
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

プロフィール

カレンダー

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

RSSフィード

ブログ内検索

気まぐれ名言

最近読んだ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。