スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.02.20 (Sat)

DSソフト 「遊戯王5D's WCS2010 リバースオブアルカディア」購入

 ニンテンドーDS対応の遊戯王OCGカードゲームをプレイできるゲーム、「遊戯王ファイブディーズ ワールドチャンピオンシップ2010 リバースオブアルカディア」 を購入しました。

 携帯ゲーム機で発売されている遊戯王シリーズのゲームはGBに初登場した頃からずっと購入し続けているので、今作も迷いなく購入に踏み切りました。
 PSP版の遊戯王シリーズであるタッグフォース(TF)はOCGカードの収録枚数がほぼ完璧という利点がありますが、一方DS版の遊戯王シリーズはwi-fi対応なので気軽に「だれでも対戦」がプレイできるという利点があります。

 今作のカード収録枚数は合計3543枚らしいですね。収録範囲はOCGの市販されているパックで「ABSOLUTE POWERFORCE」、デュエルターミナルで「トリシューラの鼓動!!」までだそうで。トリシューラは稼働したのが最近なので、時期的に収録は難しいかと思っていましたが、入れてくれたようです。カードの収録枚数が多いほどデッキの幅が広がるので、この点は嬉しいですね。

 デュエル中のインターフェイスやBGMはほぼ前作のWCS2009の流用みたいですね。アニメーションの切り替わりとか、カーソルの動きとかがカクカクしているし、CPUの思考待ちも頻繁に起きるので、ちょっとデュエル中のテンポが悪いかな~。前作と変わったのはモンスターカードの「攻撃/守備」の表示をカードの向きだけでなく、アイコンで表示してくれるようになったことと、カード選択のカーソルの枠がめっちゃデカくなった点ですかね?攻撃/守備のアイコンはまあ良いとして、カーソルの枠はデカすぎて目障りなんですけど・・・。こんな変更求められていたんですかね・・・? 毎年シリーズを出しているので、ソフトのコスト削減の一環かもしれませんが、前作のデータに上乗せして作っているが故に、処理が重くなっている感じがしました。ニンテンドーDSではここらのレベルが限界なんでしょうか・・・?

 まだちょこっとしかプレイしていないですが、今作のストーリモードはアニメストーリーの流れを、別の主人公の視点で体験していくといった流れみたいですね。今回の主人公はアニメの設定にあるチームサティスファクションとなにか関わりがあるみたいなので、どうストーリが展開していくか少し楽しみです。

遊戯王ファイブディーズ ワールドチャンピオンシップ2010 リバースオブアルカディア
コナミデジタルエンタテインメント (2010-02-18)
売り上げランキング: 62
スポンサーサイト

テーマ : ニンテンドーDS - ジャンル : ゲーム

15:10  |  遊戯王WCSシリーズ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://aprilsafe.blog110.fc2.com/tb.php/208-9dfb8c7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

プロフィール

カレンダー

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

RSSフィード

ブログ内検索

気まぐれ名言

最近読んだ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。