スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.12.11 (Fri)

戦国無双3 プレイ日記 #1 無双演舞

最初は戦国無双3のパッケージになっている真田幸村や甲斐姫の無双演舞をプレイ。
次からは稼ぎやすそうなステージが開放される武将を先にやっとくか~くらいな感じで適当な順番てプレイ中。

戦国シリーズは初なので、 今まではどうだったのか知りませんが、ステージに入る前に各キャラがステージのタイトルコールをしてくれるのはなかなか燃えますね。


・真田幸村編
真田のストーリーは義姉である稲姫との関係が主。
家を残すために敵味方に別れるっていうのが戦国時代では当然のように行われていたんですねえ・・・。
エンディングでは戦に負けても「兵」は滅びないことを感じさせる良いものでした。

最初に選んだキャラでまだ操作に慣れていなかったので、ボタン連打でチャージ1が暴発して醜態をさらすことが多かったという・・・。


・甲斐姫編
ストーリーは北条氏康との絡みで「小せえ」奴からの「器の成長」と、くのいちとの絡みで「戦国に生きる女の生き方」。
くのいちとの恋話が始まったときには別のゲームかと錯覚しました。
エンディングの立花宗茂はOROCHIの時点ではいなかったで最初誰だかわかりませんでしたよ。
後で説明書を見て立花千代の夫だと知りました。

閃光属性の武器を獲得していたので、甲斐姫の武器と相まって電撃鞭を振るう女王様のようでした。
というか甲斐姫の武器「浪切」って実際はどういう構造なんでしょうね。
BLEACHの斬魄刀「蛇尾丸」のような形状の武器ですが、現実で実際に使ったらすぐ壊れそうな武器ですよね。
特殊技の水柱はこちらがダウンしてても自動で出続けてくれるので、コンボ数を途切れさせないようにするのに便利でした。


・石田三成編
ストーリでは加藤清正、福島正則と三馬鹿トリオを結成。
三成は軍師なので馬鹿はまずいと思うのですが、まあ頭の固い融通が聞かない馬鹿ということみたいですね。
結局加藤清正、福島正則とは袂を分かつことになりますが、心のどこかでは繋がっている・・・。男の友情を堪能しました。
秀吉とそれほど絡まなかったのがちょっと物足りなかったかな。

甲斐姫から三成に移ったら扇のリーチの低さに四苦八苦。
特殊技の竜巻バリアに気づいてからは多少楽になりましたが。
敵武将がダウンしているところに地雷を仕掛け、立ち上がった瞬間に爆発して飛び上がるのがなんだか面白かったです。


・上杉謙信
GACKTさんが歌っている戦国無双3主題歌「斬〜ZAN」をプレイ中に流せるようにできるということで早めに選択。

ストーリはー関東の覇権を武田信玄、北条氏康と争う。最後は織田信長と決戦。
いままで争っていた武田、北条が信長との戦いで救援に駆けつけてきてくれるのは燃える展開でした。

謙信は特殊技の毘沙門天オーラで攻撃も強化できるし、早々に修羅属性付きのスピード武器が手に入ったおかげか、これまでの3キャラと比べて一番強く感じました。
どこのステージか忘れましたが、初めて撃破効果の全発動にも成功しました。

謙信の武器「七支刀」を見ていると逆転裁判のことを思い出すなあ・・・。

戦国無双3(通常版)
戦国無双3(通常版)
posted with amazlet at 09.12.05
コーエー (2009-12-03)
売り上げランキング: 47
スポンサーサイト

テーマ : 戦国無双シリーズ - ジャンル : ゲーム

11:48  |  戦国無双3  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://aprilsafe.blog110.fc2.com/tb.php/191-d3126af0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

プロフィール

カレンダー

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

RSSフィード

ブログ内検索

気まぐれ名言

最近読んだ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。