スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.12.31 (Thu)

機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムNEXT PLUS 購入

ブログで交流しているMKさんに進められ、以前から興味もあったのでPSPソフト「機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムNEXT PLUS」を購入しました。

このゲームはアーケードゲーム「連邦vs.ジオン」の流れを継承する最新作。
このシリーズはPS2の「エゥーゴvs.ティターンズ」をちょこっとやっただけで、ほぼ初プレイに近いです。

最初は操作可能な機体の多さに驚きました。
機体数が50体以上もあるので、全部の操作に触れるのはいつに成るんだろう・・・。

このゲーム、コマンド操作が結構難しいですね。単独ボタンの他に、2個以上のボタンを同時押ししないと出せないコマンドもあったりして、機体の性能をフルに引き出すのはなかなか難しそうです。

ただ、うまく操作出来ると気持ちよく、「僕が一番○○をうまく使えるんだ~」の気分に浸れます。ステージ中で歌詞付きの楽曲もバンバン流れているのでガンダム好きにはなかなか楽しい作品です。


以下操作を経験したMSについての簡易感想

・ガンダム
ビールライフル、バズーカと持っているのでバランスがよく、チャージショットも強くて使い易い印象。さすが元祖ガンダム。

・インパルスガンダム
ガンダムの次に使ったので、同じ感覚でチャージ射撃したら、分離攻撃で胴体をぶっ飛ばしたことにびっくりしました。
特殊射撃、格闘のブーメランをうまく使うと強いのかな?
ブーメランに反射したライフルが相手の横から当たると、してやったり感が楽しい。
アシストのルナマリア砲撃が当たらなくてもなんだか許せる。

・ガンダムヴァサーゴ
格闘のクローが面白い。
「伸びる」とか「しなる」武器のアクションって結構好きなんですよね。
他のゲームでもムチ使いとか好きだったりします。
メガソニック砲の一発や、特殊格闘のアトミックシザースなど、遠近で面白い武装が揃っているので使っていて楽しい。
うまく攻撃できると、「私の愛馬は凶暴です」とつぶやきたくなります。

・νガンダム
操作ベタな自分にはフィン・ファンネルばら撒きで勝手に相手を攻撃してくれるので楽・・・と思ったら、それだけだと火力不足なので、結局自分も一生懸命動かないと勝てないジレンマ。
ファンネルで牽制して隙を作ったところで仕留める、という動きができてないと辛いなあ。

・ウイングガンダムゼロ
wikiで見た感じでは強機体らしいですね。
自分がうまく相手の隙を突けてないせいか、あんまり飛び抜けた強さは実感出来ませんでしたが。
ツインバスターライフルで複数の敵を巻き込めると嬉しい。

・V2ガンダム
ハロとのふたり乗りで掛け合いがなんか和む。
ブーストのスピードが速い~。
通常モードではビームライフルとランチャーを織りまぜて基本に忠実な射撃戦。
アサルトバスターモードで強力な射撃で相手を圧倒。
通常モードでダメージを稼ぎ、ここぞというところで換装して一気に勝負を決めることができるので、結構強い機体だと感じました。
ただ初心者の自分はアサルトバスターの制限時間に焦り、無駄弾を撃ちまくってしまうこともしばしば。
換装のタイミングは難しいなあ。

機動戦士ガンダム ガンダム VS. ガンダム NEXT PLUS
バンダイ (2009-12-03)
売り上げランキング: 52
スポンサーサイト

テーマ : PSP - ジャンル : ゲーム

13:35  |  PSPソフト  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
2009.12.25 (Fri)

FF13初プレイ感想

ファイナルファンタジー13を発売日に購入。
じわじわと進めていて、現在5章の途中。


◆プレイ開始第一印象
とにかく画像がキレイだな~という印象。
今までのFFではムービー時と通常操作時で画質の違いが相当ありましたが、今作では両者の差がほとんど感じられません。


◆戦闘システム
いままでのFFでのいわゆる「ウェイト」がなく、コマンド選択中も常に時間が進んでいるので、コマンドを素早く選ばないと不利になりがち。
もっとも、大部分のコマンドがオートで処理されるし、スタートボタンでいつでもポーズできるので、アクション操作が苦手でも結構なんとかなる。


◆ストーリー
まだ序盤なのでなんとも・・・。
最初キャラ同士がギクシャクしているので、今後はみんなが結束していくような展開になるのかな?
人々の生活している雰囲気は近未来的なのに、街の人が外界のことをほとんど知らずに恐れていたり、伝説が結構普通に浸透してたり、妙な違和感。
まあFFは魔法と科学の融合しているところがミソなので、すぐ慣れると思いますけど。


◆キャラの印象
・ライトニング
 勝手についてきたサッズにはいろいろ文句を言われ、妹を取られたスノウにイラつき、成長を望むホープに頼られる、といろいろ負担がのしかかってるキャラ。最初はやたらツンツンしてましたが、4~5章ではホープだけを相手にしているので大分やわらかくなった感じがします。

・サッズ
 パーティの中での一般人代表みたいな感じ。声優がトム・ハンクスやホーム・アローンの泥棒マーブの吹き替えをやっている江原正士さんの為か、おとぼけ担当を強く感じました。
 アフロヘアーの中にいる雛チョコボに和む。

・スノウ
 名前は雪だけど熱い漢。まだセラへの恋愛バカっぽい面しか見えないので、今のところライトニングが言及した通り「言葉だけ」な感じ。今後の活躍に期待。

・ヴァニラ
 小悪魔系女子?ムービーで過去形での語りがちょくちょく出てくるので秘密がありそう。

・ホープ
 リアルロボット系主人公のような「自分は関係ないのに巻き込まれた」的なスタンスで登場。今後感情がどのように変化していくかが面白そう。


◆問題点
も、文字が小さくて読めん・・・。
最近のゲームでは文字の縮小化が進み、今までゲームをつないでいた小さめのブラウン管テレビでは限界が近づいているのを感じていましたが、このFF13でついに判別不能なレベルまで来てしまいました。
普段の会話はフルボイスなので文字がなくても関係ないのですが、ストーリーのあらすじや用語をまとめたオートクリップと、戦闘画面での数値などの文字がとにかく小さいです・・・。
別に大きめのテレビがもう一台あったので、今はそちらにPS3をつないでプレイし事なきを得ています。
とにかくFF13は大画面でのプレイ推奨です。

Westinghouse 21.5インチ フルハイビジョン液晶モニター HDMI端子(Ver1.3) ヘッドホン出力端子付き 解像度1920x1080 グロッシーブラック L2235HW
ウェスティングハウスデジタルエレクトロニクスジャパン (2009-05-28)
売り上げランキング: 145

テーマ : FF13 ファイナルファンタジー13 について - ジャンル : ゲーム

17:11  |  FF13  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.12.18 (Fri)

戦国無双3 プレイ日記 #2 伊達政宗・織田信長

無双演舞をまったりとプレイ。
謎の村雨城もすこしずつ進めていますが、セリフが字幕オンリーなのがちょっと残念。
まだ序盤なのでレベルアップさせたい適当な武将で進めていますがが、通常攻撃が通りにくい敵武将がいるので、後半難易度が難しくなってきたら、チャージ攻撃の強力な武将で進まないと辛そうですね。


・伊達政宗編
戦国無双は三國無双と比べて武将の勢力間の移動が激しいですが、伊達政宗は比較的移動が激しい方で、あっちへふらふらこっちへふらふら。
無双3の正宗はストーリー開始時は父を切り捨てたことで落ち込んでいる。とおもったら、ストーリーが進むに従っていつも通り「馬鹿め」を連呼するように。
秀吉や家康、時代の覇者に媚びへつらいながら機を待ち、耐える姿からは策略家の面が伺えますが、いつも馬鹿めと軽はずみに連呼してるせいで、なんだか負け犬が悪あがきしているように見えて仕方がないんですが・・・。

伊達政宗のエンディングは「さあこれからだ」ってところで終わって、打ち切り漫画みたいでした。

正宗のチャージ攻撃の銃撃では敵を派手に吹き飛ばしてしまうので、戦闘に結構時間がかかってしまいました。
属性を強化できればもっと楽だったのかな?


・織田信長編
OROCHIでも使ったことがありましたが、歴代シリーズ通り、ライトセイバー妖刀をブンブン振り回して戦える、使っていて気持ちのいいキャラ。
ただ通称「サイコクラッシャー」のチャージ3が特殊技での強化後じゃないと出せないのがちょっと残念。
OROCHIの時はもっと簡単に出せた気がするんだけどな。

最終ステージ・エンディングは史実通り本能寺の変。
ただ明智光秀に討たれるのではなく、織田信長の器のデカさを魅せつける内容でしたが。

世の中はままならぬからこそ面白い・・・。


戦国無双3 コンプリートガイド 上

光栄
売り上げランキング: 1323

テーマ : 戦国無双シリーズ - ジャンル : ゲーム

11:08  |  戦国無双3  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
2009.12.11 (Fri)

戦国無双3 プレイ日記 #1 無双演舞

最初は戦国無双3のパッケージになっている真田幸村や甲斐姫の無双演舞をプレイ。
次からは稼ぎやすそうなステージが開放される武将を先にやっとくか~くらいな感じで適当な順番てプレイ中。

戦国シリーズは初なので、 今まではどうだったのか知りませんが、ステージに入る前に各キャラがステージのタイトルコールをしてくれるのはなかなか燃えますね。


・真田幸村編
真田のストーリーは義姉である稲姫との関係が主。
家を残すために敵味方に別れるっていうのが戦国時代では当然のように行われていたんですねえ・・・。
エンディングでは戦に負けても「兵」は滅びないことを感じさせる良いものでした。

最初に選んだキャラでまだ操作に慣れていなかったので、ボタン連打でチャージ1が暴発して醜態をさらすことが多かったという・・・。


・甲斐姫編
ストーリーは北条氏康との絡みで「小せえ」奴からの「器の成長」と、くのいちとの絡みで「戦国に生きる女の生き方」。
くのいちとの恋話が始まったときには別のゲームかと錯覚しました。
エンディングの立花宗茂はOROCHIの時点ではいなかったで最初誰だかわかりませんでしたよ。
後で説明書を見て立花千代の夫だと知りました。

閃光属性の武器を獲得していたので、甲斐姫の武器と相まって電撃鞭を振るう女王様のようでした。
というか甲斐姫の武器「浪切」って実際はどういう構造なんでしょうね。
BLEACHの斬魄刀「蛇尾丸」のような形状の武器ですが、現実で実際に使ったらすぐ壊れそうな武器ですよね。
特殊技の水柱はこちらがダウンしてても自動で出続けてくれるので、コンボ数を途切れさせないようにするのに便利でした。


・石田三成編
ストーリでは加藤清正、福島正則と三馬鹿トリオを結成。
三成は軍師なので馬鹿はまずいと思うのですが、まあ頭の固い融通が聞かない馬鹿ということみたいですね。
結局加藤清正、福島正則とは袂を分かつことになりますが、心のどこかでは繋がっている・・・。男の友情を堪能しました。
秀吉とそれほど絡まなかったのがちょっと物足りなかったかな。

甲斐姫から三成に移ったら扇のリーチの低さに四苦八苦。
特殊技の竜巻バリアに気づいてからは多少楽になりましたが。
敵武将がダウンしているところに地雷を仕掛け、立ち上がった瞬間に爆発して飛び上がるのがなんだか面白かったです。


・上杉謙信
GACKTさんが歌っている戦国無双3主題歌「斬〜ZAN」をプレイ中に流せるようにできるということで早めに選択。

ストーリはー関東の覇権を武田信玄、北条氏康と争う。最後は織田信長と決戦。
いままで争っていた武田、北条が信長との戦いで救援に駆けつけてきてくれるのは燃える展開でした。

謙信は特殊技の毘沙門天オーラで攻撃も強化できるし、早々に修羅属性付きのスピード武器が手に入ったおかげか、これまでの3キャラと比べて一番強く感じました。
どこのステージか忘れましたが、初めて撃破効果の全発動にも成功しました。

謙信の武器「七支刀」を見ていると逆転裁判のことを思い出すなあ・・・。

戦国無双3(通常版)
戦国無双3(通常版)
posted with amazlet at 09.12.05
コーエー (2009-12-03)
売り上げランキング: 47

テーマ : 戦国無双シリーズ - ジャンル : ゲーム

11:48  |  戦国無双3  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.12.08 (Tue)

ドラゴンクエスト9 プレイ日記 #11 ガデスの星に栄光あれ

3ヵ月ぶりくらいにドラクエ9をプレイ。

wi-fiショッピングに繋げてみると、クリスマスフェアが始まっているらしく、サンタガールの服が入荷されていました。即購入しましたが、24000Gは高かったなあ・・・。


今週までに配信されているストーリー関連の配信クエストを一通りクリア。

No147運転士試験のクエストは結構面倒くさいクエストでしたね。
ルーラを使わずに世界各地のガデスの星のメンバーに会わなければならないのですが、ただ会うだけでなく、順番も必要になるため、「ガデスの星のメンバーの場所、かつ番号」を正確に覚えていないとダメ。
攻略情報をどこかで仕入れてこないとかなり時間がかかるんじゃないでしょうか。
ポイントは「ビタリ山⇒サンマロウ」、「ウォルロ村⇒ベクセリア」を徒歩で行くことですね。

場所を知っていたとしても、天の箱舟の停車回数が1回でもオーバーするとやり直しになるので、終盤で間違えるとかなり萎えることに。
自分はナザム村の場所を勘違いして1回ミスりました・・・。
ナザム村は終盤ですぐ通り過ぎたから印象が薄かったよ・・・。


サンディ関連のクエストは・・・ノーコメントで。

ドラゴンクエストIX 星空の守り人 公式ガイドブック 上巻●世界編 (SE-MOOK)

スクウェア・エニックス (2009-09-11)
売り上げランキング: 638

テーマ : ドラゴンクエストIX - ジャンル : ゲーム

11:02  |  ドラクエ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2009.12.05 (Sat)

戦国無双3 初プレイ感想

12/3に発売された無双シリーズの最新作である戦国無双3を購入しました。

同時発売のNewスーパーマリオブラザーズはどの店にも大量にあったのに戦国無双3は売り切れのお店が多くて困りました・・・。
まあ何はともわれ無事に購入できたので良かったですが。

三国無双シリーズはちょこちょこやったことがありましたが、戦国無双の正統なシリーズをやるのは今回が初。もっとも無双OROCHIはやったのである程度武将のキャラは見たことがありますが。


初プレイなのでパッケージにもなっている真田幸村でプレイ開始。
まあ基本はいままでの無双シリーズと変わらないので安心して遊んでいます。
いつも通りのアクションゲームで、ワラワラしている敵をなぎ払っていくのは楽しいです。

ちょっと気になったのは味方武将があっという間に敗走していくこと。
いままでのシリーズではもうちょっと粘ってくれていた気がするんですけどねえ。
手柄を横取りされる心配がないのは良いんですが、時間稼ぎの壁にすらなってくれないのがちょっと困りました。


新キャラらしい甲斐姫さんの声どこかで聞いたことあったな~と思ったらスレイヤーズでアメリア役をやられていた鈴木真仁さんでした。
無双シリーズは声優さんに有名どころ多いのも特徴ですよね。

OROCHIの時も思ったのですが、伊達政宗がどうも小物っぽく感じるんですよね~。
声優が08小隊のシローやガオガイガーの獅子王凱をやられている檜山修之さんなので、勝手なイメージで熱血漢の青二才っぽい感じがするからかな~?


余談ですが最近モンハン3をやり始めたころからか、Wiiのディスク読み込みがうまくいかなくなる時があったので、ついでに買ったディスククリーナーを試してみました。するとたまに読み込みがものすごく遅くなる時があったのが、すんなり読み込みが進むようになってくれました。Wiiを買ってからず~とほったらかしにしていたので、やっぱり汚れていたんですかね~。

戦国無双3(通常版)
戦国無双3(通常版)
posted with amazlet at 09.12.05
コーエー (2009-12-03)
売り上げランキング: 47

テーマ : 戦国無双シリーズ - ジャンル : ゲーム

21:00  |  戦国無双3  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.12.01 (Tue)

ラノベ成分99% 読書メーター 11月分まとめ

2009年11月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:3076ページ

 地元の図書館は借りたい本の予約が出来るのですが、上限が10冊なので、人気の本を予約していくとすぐ埋まっちゃうんですよね・・・。
 人気作と、すぐ借りれそうな本の予約の配分が結構難しいです。
 予約の順番的に、もうすぐ夏に出た「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」の9巻が読めそうで楽しみです。でもその次の10巻はまたさらに予約順が先なんですよね・・・。今の予約待ち順を見た限りだと、10巻を読めるのは2月頃かな・・・。

◆11月分読書ピックアップ感想
 地蔵さんの家族が登場し、地蔵さんの性格が形成されたわけが明らかになるとともに、花咲と地蔵さんのラブラブっぷりを堪能できる巻。
 常に「はしたないこと」に気を使っている地蔵さんがする「疑似裸エプロン」は反則的な萌えでした。
 宇佐美、田貫、下桐などオオカミさん本編での主人公側である互助会以外のキャラと絡んだ話も多く、互助会側以外のキャラの魅力も味わえました。


月見 草平
メディアファクトリー
発売日:2009-04

周りの女性陣にフラグを立てまくる主人公の錦織に脱帽。
胸タッチ、風邪の看病、ブラコン妹などラブコメ要素てんこ盛りで笑いました。
女性陣もアプローチが進んできて、そろそろ女性関係の修羅場が来そうですかね?


 不幸体質の主人公上条当麻は今回も事件に巻き込まれ、フランスまで飛ぶことに。
 当麻に密かな思いを寄せる五和が可愛かったです。
 一方通行も登場しましたが、当麻とはまたもニアミス。ほんとに当麻と一方通行は同じ巻に登場してもなかなか出会えませんね。出会ったら大変なことになるんでしょうけど。
 メインはローマ正教神の右席の1人である左方のテッラとの対決。
 テッラはあらゆる物の優先順位を変えることの出来る「光の処刑」という術式を使い、その副産物である小麦粉のギロチンで襲いかかってくる。
 この術にかかれば小麦粉で鉄板を切断することだって、自分の皮膚を銃弾より強くすることだって可能。
 ・・・と言葉だけ見れば強そうですし、実際当麻と五和は苦戦しましたが、ルール介入系能力というのはタネがばれる前はどんな相手でも優位に立てるものの、タネがばれるとあれよあれよというまに落ちていきますよね。
 その上テッラの術は喋って発動するタイプのようなので、作中で分かった弱点もそうですが、あるていどの身体能力のある人で超高速で攻めかかられるとあっさりやられちゃいそうな気もします。
 テッラは神の右席の中で最弱だったのかな・・・。
 まあまだ能力の調整中でこの先の段階があった可能性もありますが。


↓↓↓(ほぼライトノベル)11月の読書メーターリスト↓↓↓

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

11:11  |  読書メーター  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 

プロフィール

カレンダー

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

RSSフィード

ブログ内検索

気まぐれ名言

最近読んだ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。