スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.03.01 (Mon)

戦国無双3 プレイ日記 #4 立花千代・明智光秀

・立花千代編
 千代はOROCHIで最初の方に出てきたのが記憶に残っていますね。
 今作では夫の宗茂が登場。 口調は男口調ですが、強がりつつも心の何処かでは夫を頼る描写があり、可愛いさが加わってました。
 雷神の異名通りのチャージの雷攻撃が高性能で使いやすかったです。

・明智光秀編
 声が緑川光さん。
 史実どおりに山崎の戦いで終わりかと思ったら、なんと密かに生き延び、家康に誘われて関ヶ原の戦いにまで参戦すると言うIF展開。信長、秀吉の屍を超えて新時代へ向かう明智は新鮮で面白かったです。
 四国の武将、長宗我部元親との友情もフューチャーされてました。元親さんはこのゲームやるまで存在を知らんかったなあ。

戦国無双3 コンプリートガイド 上

光栄
売り上げランキング: 1323
スポンサーサイト

テーマ : 戦国無双シリーズ - ジャンル : ゲーム

18:10  |  戦国無双3  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.02.10 (Wed)

戦国無双3 プレイ日記 #3 ねね・くのいち

ひさしぶりに戦国無双3をプレイ。
ねねとくのいちの女忍者二人の無双演武。

・ねね編
ねね分身~。
分身状態でずんずんと進めて楽しかったです。
しかし衣装の露出度が高いッスよ、おねね様・・・。
いい大人である味方武将達をみんな子供のように扱うので、何だかむずがゆい気持ちになりました。
 
・くのいち編
ほぼ甲斐姫の演舞とリンク。
甲斐姫とはワーキャー喧嘩しつつも、恋の後押しをされたりする良いライバル関係。
幸村のことを慕いつつも、忍びの立場から気持ちを内に秘め、ただただ幸村を守る姿は健気でした。

くのいち最終ステージの大阪城の難易度が半端じゃなかった・・・。
守る対象が3人もいるので、誰か助けに行っているうちに別にの人が敗走してしまう、ということが繰り返され、とても難しかったです。
真田丸に入るのを遅らせ、門の外に要る敵武将をあらかた倒しておくことでなんとかクリアできました。

戦国無双3 コンプリートガイド 上

光栄
売り上げランキング: 1323

テーマ : 戦国無双シリーズ - ジャンル : ゲーム

17:44  |  戦国無双3  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.12.18 (Fri)

戦国無双3 プレイ日記 #2 伊達政宗・織田信長

無双演舞をまったりとプレイ。
謎の村雨城もすこしずつ進めていますが、セリフが字幕オンリーなのがちょっと残念。
まだ序盤なのでレベルアップさせたい適当な武将で進めていますがが、通常攻撃が通りにくい敵武将がいるので、後半難易度が難しくなってきたら、チャージ攻撃の強力な武将で進まないと辛そうですね。


・伊達政宗編
戦国無双は三國無双と比べて武将の勢力間の移動が激しいですが、伊達政宗は比較的移動が激しい方で、あっちへふらふらこっちへふらふら。
無双3の正宗はストーリー開始時は父を切り捨てたことで落ち込んでいる。とおもったら、ストーリーが進むに従っていつも通り「馬鹿め」を連呼するように。
秀吉や家康、時代の覇者に媚びへつらいながら機を待ち、耐える姿からは策略家の面が伺えますが、いつも馬鹿めと軽はずみに連呼してるせいで、なんだか負け犬が悪あがきしているように見えて仕方がないんですが・・・。

伊達政宗のエンディングは「さあこれからだ」ってところで終わって、打ち切り漫画みたいでした。

正宗のチャージ攻撃の銃撃では敵を派手に吹き飛ばしてしまうので、戦闘に結構時間がかかってしまいました。
属性を強化できればもっと楽だったのかな?


・織田信長編
OROCHIでも使ったことがありましたが、歴代シリーズ通り、ライトセイバー妖刀をブンブン振り回して戦える、使っていて気持ちのいいキャラ。
ただ通称「サイコクラッシャー」のチャージ3が特殊技での強化後じゃないと出せないのがちょっと残念。
OROCHIの時はもっと簡単に出せた気がするんだけどな。

最終ステージ・エンディングは史実通り本能寺の変。
ただ明智光秀に討たれるのではなく、織田信長の器のデカさを魅せつける内容でしたが。

世の中はままならぬからこそ面白い・・・。


戦国無双3 コンプリートガイド 上

光栄
売り上げランキング: 1323

テーマ : 戦国無双シリーズ - ジャンル : ゲーム

11:08  |  戦国無双3  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
2009.12.11 (Fri)

戦国無双3 プレイ日記 #1 無双演舞

最初は戦国無双3のパッケージになっている真田幸村や甲斐姫の無双演舞をプレイ。
次からは稼ぎやすそうなステージが開放される武将を先にやっとくか~くらいな感じで適当な順番てプレイ中。

戦国シリーズは初なので、 今まではどうだったのか知りませんが、ステージに入る前に各キャラがステージのタイトルコールをしてくれるのはなかなか燃えますね。


・真田幸村編
真田のストーリーは義姉である稲姫との関係が主。
家を残すために敵味方に別れるっていうのが戦国時代では当然のように行われていたんですねえ・・・。
エンディングでは戦に負けても「兵」は滅びないことを感じさせる良いものでした。

最初に選んだキャラでまだ操作に慣れていなかったので、ボタン連打でチャージ1が暴発して醜態をさらすことが多かったという・・・。


・甲斐姫編
ストーリーは北条氏康との絡みで「小せえ」奴からの「器の成長」と、くのいちとの絡みで「戦国に生きる女の生き方」。
くのいちとの恋話が始まったときには別のゲームかと錯覚しました。
エンディングの立花宗茂はOROCHIの時点ではいなかったで最初誰だかわかりませんでしたよ。
後で説明書を見て立花千代の夫だと知りました。

閃光属性の武器を獲得していたので、甲斐姫の武器と相まって電撃鞭を振るう女王様のようでした。
というか甲斐姫の武器「浪切」って実際はどういう構造なんでしょうね。
BLEACHの斬魄刀「蛇尾丸」のような形状の武器ですが、現実で実際に使ったらすぐ壊れそうな武器ですよね。
特殊技の水柱はこちらがダウンしてても自動で出続けてくれるので、コンボ数を途切れさせないようにするのに便利でした。


・石田三成編
ストーリでは加藤清正、福島正則と三馬鹿トリオを結成。
三成は軍師なので馬鹿はまずいと思うのですが、まあ頭の固い融通が聞かない馬鹿ということみたいですね。
結局加藤清正、福島正則とは袂を分かつことになりますが、心のどこかでは繋がっている・・・。男の友情を堪能しました。
秀吉とそれほど絡まなかったのがちょっと物足りなかったかな。

甲斐姫から三成に移ったら扇のリーチの低さに四苦八苦。
特殊技の竜巻バリアに気づいてからは多少楽になりましたが。
敵武将がダウンしているところに地雷を仕掛け、立ち上がった瞬間に爆発して飛び上がるのがなんだか面白かったです。


・上杉謙信
GACKTさんが歌っている戦国無双3主題歌「斬〜ZAN」をプレイ中に流せるようにできるということで早めに選択。

ストーリはー関東の覇権を武田信玄、北条氏康と争う。最後は織田信長と決戦。
いままで争っていた武田、北条が信長との戦いで救援に駆けつけてきてくれるのは燃える展開でした。

謙信は特殊技の毘沙門天オーラで攻撃も強化できるし、早々に修羅属性付きのスピード武器が手に入ったおかげか、これまでの3キャラと比べて一番強く感じました。
どこのステージか忘れましたが、初めて撃破効果の全発動にも成功しました。

謙信の武器「七支刀」を見ていると逆転裁判のことを思い出すなあ・・・。

戦国無双3(通常版)
戦国無双3(通常版)
posted with amazlet at 09.12.05
コーエー (2009-12-03)
売り上げランキング: 47

テーマ : 戦国無双シリーズ - ジャンル : ゲーム

11:48  |  戦国無双3  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT

プロフィール

カレンダー

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

RSSフィード

ブログ内検索

気まぐれ名言

最近読んだ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。