スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.11.01 (Mon)

ポケットモンスターブラックとりあえず感想

ポケットモンスター ブラック
任天堂 (2010-09-18)
売り上げランキング: 10



ポケットモンスター新シリーズ「ブラック・ホワイト」のうちブラックバージョンをプレイ中です。

既にストーリークリアし、今はバトルサブウェイに挑戦中ですが、今の時点での感想を書いておきます。

・ストーリー
 ポケモンは初代の頃からプレイしているので、見慣れたポケモンも多いですが、今作ではストーリークリアまで新ポケモンだけが登場するので、新鮮な気持ちでプレイできました。しっかしポケモンももう600匹を突破か…。151匹のころからは考えられない数字だ…。
 ストーリー内容については…。最近はポケモンにややこしいテーマを持たせる傾向が強すぎるんじゃないかな~。単純に悪さしてたロケット団を潰してた初代とかのほうがストーリーは気楽に楽しめた気がする。まあ同じこともしいてもマンネリだし、しかたないかな?
 クリアパーティはダイケンキ、シンボラー、ズルズキン、ヒヒダルマ、ドリュウズ、シビビールの6匹。途中まではヨーテリー、ダゲキ、デンチュラなんかも使ってましたが、ヨーテリー、ダゲキは技の範囲が狭い、デンチュラは耐久力が無さ過ぎ、ということでスタメン落ちしました。このパーティでプレイ中、最大に苦戦したのは四天王のレンブ。格闘と岩技両方撃たれるのでダメージを半減できるポケモンが居ないのが辛かった…。

・すれ違い通信
 もはやメジャーなシリーズ作品には定番となったすれ違い通信。ブラック・ホワイトではアンケート機能があるので世の中(近場限定)の流行が知れてなんだか面白いです。すれ違った人の情報を見ていると、発売日から1週間くらいしか経っていない時に、100人すれ違っている人とかがいてビックリしました。やっぱり発売本数が多いだけあってすれ違える人数も多いですね~。

・対戦
 新ポケモン、新技、新特性や変更のあったの技の性能を把握するのが大変。バトルサブウェイに挑戦中ですが、見慣れないポケモンが出てくるとどんな戦法でくるのかドキドキしますね。ちょっとwi-fiトレインをやってみた感じだと、草鋼タイプで弱点が少なくメチャ硬いナットレイや、新ドラゴンのサザンドラ、蝶の舞での強化が凄いウルガモスなんかが新ポケモンで人気みたいですね。初めてゾロアークと対戦した時に特性のイリュージョンについて全く知らなかったので、初見でかなり度肝を抜かれました。別のポケモンの姿で出てくるとか、対人戦ではかなり面白い読み合いになりそうだな~。
 ブラック・ホワイトでは旧作にあったレンタルポケモン戦が無いのが残念。ポケモンを育てなくてもいろいろなポケモンで対戦が楽しめるから結構好きだったんだけどな…。そのうち出るであろう別バージョンで復活することを期待。別バージョンの色は順当に考えれば「グレー」でしょうかね?

スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

23:05  |  ポケモン  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11.16 (Mon)

ポケモンソウルシルバー プレイ日記 急所を突かないで

バトルファクトリー挑戦中。

しかしながら全然突破できる気配がない・・・。

オープンレベルで39勝まで行ったものの、急所2連続で2体のポケモンを一撃で葬り去られて撃沈。
うかつに交代しない方が良かったかな・・・。
あいての後続が分からないと、交代するタイミングが難しい。

一回でも負けたら最初っからやり直しなのは辛いわ・・・。
だから急所、せんせいのつめ、一撃必殺わざなどの運要素で負けるとかなりへこみます。

頭でわかっていても、ついつい弱点が被ってしまったり、物理型、特殊型が固まったりしてしまうんですよね・・・。
う~ん、バランスのとれたレンタルのチョイスは難しい。
寝る前とかにプレイして頭がボーっとしてるとレンタルポケモンを交換すべきところで交換しなかったり
、キー操作ミスなどして後悔することに・・・。


以下個人的に頭が働いていないと陥る勘違い。

・名前が似ていて別の方と勘違い
タマンタとタマタマ
アリアドストアリゲイツ
グライオンとドラピオン
ユレイドルとエルレイド

・名前から姿がイメージしにくい&比較的新しいポケモンなので覚えていない
ラムパルド、ノクタス、ネオラント、レントラー、ドダイトス、ドラピオン、トリトドン、エルレイド

・タイプを勘違いする
アメモース、スコルピ、ドラピオン、ミノマダム、ユキメノコ、エルレイド


ダイヤ・パールで新登場のポケモンは覚えていないのが多いです。
ユキメノコは「こおり&ゴースト」だったのか~。

テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

16:30  |  ポケモン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11.04 (Wed)

ポケモンソウルシルバー バトルファクトリー果てなき挑戦

ポケモンのエメラルドverは持っていたのですが、プラチナverはスルーしていたので、DS版のバトルフロンティアは初体験。

フロンティアの中でも、特にポケモンを育てていなくても、裸一貫で挑戦できるバトルファクトリーに挑戦し続けています。

現在シングル戦の成績が

・レベル50:36勝
・オープン :30勝

です。未だブレーン2周目に到達できず・・・。
エメラルド版のファクトリーではもっと楽にブレーン2周目まで行けた気がするんだけどな・・・。ポケモンの種類や技が増えたせいで難しくなっているんですかね?

バトルファクトリーはレンタルポケモンで戦うので、いろいろなポケモンをバトルで使えて面白い。
特にレベル50戦の初期は進化するポケモンの進化前や、マイナーなポケモンを使わなければならないので、意外なポケモンの強さに驚かされます。
エイパムとか先頭で出すといい仕事してくれんるんですよね~。


ファクトリーヘッドのネジキが登場する3周目までは3回に2回ぐらいのペースで到達成功。
そのネジキに勝つかどうかがまた2回に1回くらいの確率・・・。
その先となるともっと勝てる確率が低下。
ぜんぜん7周目が見えてこないぜ・・・。


ネジキ登場までは相手の情報がかなり分かるので、相手に有利になるようにどんどんレンタルポケモンを交換していけばさほど難しくはない。
気をつけるのは

・タイプばかりに気を取られて技構成が微妙なポケモンを選んでしまう。
・複合タイプの場合に相性を勘違いする。
・相手に有利タイプだからといって、物理型、特殊型の組合せが悪いとひっくり返る事がある。

点ですかね。
まあどれもこれも基本的なことなんですが、その場その場で色々なポケモンを使用するので結構うっかりミスしやすいんですよね。


ネジキ後は相手の情報がほとんど分からないので、最初の3匹の構成がかなり重要。
基本的に自分は

・1匹目
「素早い、物理or特攻に特化」

ファクトリーでは後から順番が変えられないので一番重要なポジション。
2撃以内で相手の1体を倒し、次の相手の2体目のポケモンにも手傷を負わせる。1.5体分の働きが理想。

もしくは「弱点が非常に少ない
単純に交代はリスクを伴うので、そのリスクを限りなく減らせる。また、弱点がはっきりしているので2匹目の受けポケモンへの交代がやり易い。
「水&地面」ポケや「鋼」など。

・2匹目
「1匹目の弱点タイプを受けられる」

ポケモンバトルのセオリー通り。相手が複数タイプの技を持っていたりすると危ないので、できればこいつも弱点が少ない方が望ましい。

・3匹目
「フリー枠」

1,2匹目で補えない弱点をカバーしたり、積み型だったり。臨機応変に。

の構成に近付けてます。
まあ最初の6匹の状況によってこんな考え通りにはいかないんですけどね。
場合によっては全部のポケモンが「素早いand紙装甲」の先手必勝パーティだったりもします。
鈍いポケモンは「攻撃を食らう回数が増える⇒急所を突かれる確率が上がる&補助技でアドバンテージを取られやすい」ので3匹全部を鈍いポケモンにするのは出来るだけ避けています。

こんなもっともらしいことを考えていても結局勝ててないですけどね・・・。
係りの人「いろいろなタイプをつかってきます」じゃ何もわからね~よ、こんちくしょー。

ポケットモンスター ソウルシルバー(特典無し)
任天堂 (2009-09-12)
売り上げランキング: 10

テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

11:35  |  ポケモン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.10.27 (Tue)

ポケットモンスター ソウルシルバー 殿堂入り&プレイ後感想

発売した当初はスルーしようかと思ったのですが、懐かしさに引かれてしまいました。
ポケモンでは地味な色を選ぶのがポリシー。
過去作でも銀を選んだのですが、今作でもソウルシルバーを購入。


細々とプレイし、やっとジョウト殿堂入り。

GB版を思い出しながら、MAPやBGMの懐かしさに浸ってプレイしていました。


GB版の金・銀との違いで目についたのは

・各ジムの構造が変わり、豪華になった
・まいこはん、ルギア関連のイベントが追加
・ロケット団幹部が名前付きに
・技マシン変更のせいでフスベジムリーダーのイブキとわざ「りゅうのいぶき」のダジャレが削除。
・四天王カリンの服が変更・・・

くらいかな。


一度やったものをなぞっているにも関わらず、DSから登場したダイヤ・パールより楽しめている気がするのはなんででしょうね。
やっぱり人は「続きもの」に引かれるのでしょうか。
ダイヤ・パールはポケモンという土台は共通しているものの、ストーリーなどはほぼ一新。
しかしながら金・銀には赤・緑を匂わせる要素(前作での登場人物の登場、前作の舞台であるカントー地方とのつながりなど)が随所に盛り込まれている。
赤・緑シリーズの「その後」の世界を追体験できる。
金、銀が偉大だったのはそんな要素で過去作のファンを引き続き取り込んだところな気がします。

まあポケモンの面白さはシナリオ部分だけじゃなくて、収集の要素など、他にもいろいろもありますけどね。
自分がすでにポケモンを収集する情熱を失っているため、シナリオ部分に面白さを求めていたり、パールのシナリオのギンガ団の電波具合や大量の伝説ポケモンでお腹いっぱいになったことなど、もろもろの要因が重なって金・銀がより面白いと感じられるのかもしれません。

ポケットモンスター ソウルシルバー(特典無し)
任天堂 (2009-09-12)
売り上げランキング: 10

テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

12:51  |  ポケモン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 

プロフィール

カレンダー

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

RSSフィード

ブログ内検索

気まぐれ名言

最近読んだ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。